風俗よりも体験談派

自分に合うかどうかですよね

風俗は自分に合うかどうかという点を何よりも考えるようになりましたね。ここがとっても大切というか、性癖って人それぞれじゃないですか。だから口コミを見ても、自分と同じ性癖の人の意見であれば参考になるんですけど、全く違う性癖の人の意見はそこまでじゃないですよね。だから自分の性癖に合う風俗を探す。これが自分のテーマですね。他人からどれだけ評価されているとしても、じゃあ自分も同じようにがっつり楽しめるのかって言ったらやっぱり別問題だと思うんですよね。だから風俗では自分との相性がどの程度なのかと言うことを考えつつ、楽しむようになりましたね。その点を意識するようになってからと言うものの、風俗では外れ知らずになったと言っても決して過言ではないんです。口コミの良い風俗嬢の魅力がないって言っている訳じゃないですからね(笑)風俗は相性が大切だと思うので、自分に合う風俗を選ぶ。これが大切だってことが言いたいんですよ。

お世辞がないのも新鮮かな

風俗嬢はお世辞が上手な子も多いですよね。こちらを上手く乗せてくれる女の子、嫌いじゃないです(笑)でも前回の風俗嬢はお世辞を全然言わない女の子だったんです。それが逆に新鮮だったんですよ。だって普通はお世辞三昧とまでは言いませんけど、さすがにそれはお世辞だろうってすぐに分かるようなお世辞もあるじゃないですか(笑)それもそれで、そういったお世辞の世界観を楽しむのも風俗の魅力の一つだとは思うんですけど、彼女はそういったお世辞をほとんど言わないタイプだったんですよね。だからこそ、逆に新鮮だったんです。それがまたとっても面白いというか、風俗嬢じゃなくて普通の女の子と一緒に居るような気持ちになりましたし、たまにはこのくらいドライでサバサバしている女の子と楽しむのも悪くはないなって。それに、お世辞が無いだけでプレイそのものはとっても一生懸命だったので、別に全然不愉快な気持ちにはなりませんでしたし、とても刺激的でしたよ。